カナダからのSOS

年が明け、無事にカナダに旅立ったNちゃん。


コロナ騒動で半年以上も留学が延期になっていて、彼女の友達の多くがそれぞれ留学を断念する中、最後までずっと諦めずぎりぎりまでレッスンを続けていたNちゃん。


彼女の強い信念と頑張りに拍手です!


さて、「カナダ生活、満喫しているかなぁ」と思っていた矢先、

「How should I tell my my host family when I don't like dishes I can't eat it?」

と、NちゃんからLINEメッセージ。


どうやら、ホストファミリー宅でふるまわれる食事は量が多く、チーズが使われているものが多いそうなんですね。


きっとホストマザーは遠い国から来たJapanese cute teenage girlのためにたくさんおいしい料理を作ってくれているのでしょう。


勿論そんなこと、優しいNちゃんは十分理解しています。

だから!

ホストマザーを傷つけずに、なんて断ったらいいのだろうと悩んで、私のところにSOSを出してきたわけです。

(悩みの種類がもうすっかり大人ですね)


「If I were you, I'd say ...」と具体的な表現を教えてあげましたが、参考になったのでしょうか。

あれ以来連絡がないところをみると、きっとうまくいったのでしょう。


『便りの無いのは良い便り』^^

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

嬉しい知らせ 第一号!

高校や大学で次々と合格発表が行われていますね。 さて、教室に嬉しい知らせ第一号を持ってきてくれたのは、昨年、マンツーマンでライティングレッスン+プレゼントレーニングに励んだNちゃん。 見事、第一志望の秋田国際教養大学に合格です! 決して優しくはない指導(^^;)にもしっかりついてきてくれたNちゃん。 本当に頑張った甲斐がありました。 以下、原文: Hello, Ms.Chi. It's been

4月から小学校で英語が正式な教科になります

先月は教育改革による中学英語の難化について書きましたが、今回は小学英語について簡単にご説明します。 今回の学習指導要領の改訂によって、今年4月から小学校では3年生から正式に『外国語活動』が始まり、5年生から英語が正式な教科(=通知表の評価項目)になります。習得語彙数も600~700語とされていますし、中学英語の実質的な前倒しと言っていいでしょう。 3~4年生での外国語活動に楽しく参加できていても、

中学英語がさらに難しくなります

ご存じの方も多いかと思いますが、新学習指導要領に基づき、小5から始まっていた英語は小3からに前倒しされ、今年4月には中学校でも英語の教科書が改訂されます。 新しい中学英語の教科書は、単語数が1200語から1800語へと1.5倍に増えているだけでなく、高校英語の内容が前倒しされているので難易度もぐっと上がります。また指導目標が「4技能の強化+表現時間の増加」とされていますが、授業時間数が増えるわけで