カナダからのSOS

年が明け、無事にカナダに旅立ったNちゃん。


コロナ騒動で半年以上も留学が延期になっていて、彼女の友達の多くがそれぞれ留学を断念する中、最後までずっと諦めずぎりぎりまでレッスンを続けていたNちゃん。


彼女の強い信念と頑張りに拍手です!


さて、「カナダ生活、満喫しているかなぁ」と思っていた矢先、

「How should I tell my my host family when I don't like dishes I can't eat it?」

と、NちゃんからLINEメッセージ。


どうやら、ホストファミリー宅でふるまわれる食事は量が多く、チーズが使われているものが多いそうなんですね。


きっとホストマザーは遠い国から来たJapanese cute teenage girlのためにたくさんおいしい料理を作ってくれているのでしょう。


勿論そんなこと、優しいNちゃんは十分理解しています。

だから!

ホストマザーを傷つけずに、なんて断ったらいいのだろうと悩んで、私のところにSOSを出してきたわけです。

(悩みの種類がもうすっかり大人ですね)


「If I were you, I'd say ...」と具体的な表現を教えてあげましたが、参考になったのでしょうか。

あれ以来連絡がないところをみると、きっとうまくいったのでしょう。


『便りの無いのは良い便り』^^

閲覧数:11回

最新記事

すべて表示

新年明けましておめでとうございます。 今年もまたコロナウイルスに翻弄させられる一年となりそうですが、前向きに頑張っていきましょう! さて年明け早々、嬉しい知らせがNちゃんから届きました♪ 見事、第一志望の関西外国語大学に合格できたとのこと! 小学生でJ.REACHメンバーになったNちゃん。 英語だけでなく、苦手な算数国語も教室でがんばった時期もありました。 どんなに大変でも、コツコツがんばるNちゃ

先週日曜(11/28)に片山学園初等科で行われたスピーチコンテスト。 週一でのトレーニングを頑張って、見事、予選通過したI君(小2)。 教室での最終トレーニングでは、表現力を重視したブラッシュアップを図りました。 そして、結果は…、 『優秀賞』を獲得することができたそうです! やったね!おめでとう!! 声色の使い分け練習では、練習のし過ぎで高い声が出にくくなってしまったI君。 「Have thro

毎年この時期になると、「何とかしてください!」と中3生の保護者の方が駆け込んでこられます。(受験生本人たちは、意外にあっけらかんとした感じというか、「もうどうしようもない」といった感じですが…苦笑) 今年は、「今まで英語の成績は悪くはなかったのに、3年生になって突然、テストの点がガクンと下がってしまった」というお子さんが多いように思います。 いつかのブログにも書きましたが、今年の中3生は本当にアン