大事にしたいAhaモーメント

毎週土曜の夜は、高1クラス。


文型と時制の学習が終わって、今日から助動詞です。

高校英語での助動詞で「どうして?」と不思議に思える(はずの)いろんな日本語訳。

その代表的なのは、may/might wellとmay/might as wellではないでしょうか。

(と、個人的に思っています)


may/might well ~ は「~するのもわかる」、may/might as well ~ は「~する方がマシ」という訳になっているのをよくみますが、asが入るだけでどうしてこんなに表現が違ってしまうのか不思議に思いませんか。

(私だけかな⁉)


「この英語は○○という表現になるから覚えておきましょう」

というのは簡単です。

が、そんな丸暗記でするような勉強、面白くありませんよね。

『?』を解明・理解して、初めて『学習』になります!


というわけで、今日はmay/might wellとmay/might as wellの日本語訳の不思議を解明するオリジナル補助プリントでレッスンしました。

みんな「なるほど~」と思ってくれたかな。

閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

高専など一部の学校を除き、大半の高校では中間考査が終わったようですね。 J.REACHの高校生たちも一様に安堵の表情です。 まだテストが戻って来ていないという生徒が大半ですが、そんな中、昨夜、Yちゃんが嬉しい知らせを持ってきてくれました♪ 県内でもトップクラスの進学校に無事合格できたYちゃん。 英語の中間テストの結果は、在籍する科の中で2番!だったそうです。 200人中の2位ですから、これは素晴ら

1月~2月に行われた2021年度第3回英検。 今回は英検ジュニアに6人の小学生、英検5級に1人の小学生、2級に1人の高校生が挑戦してくれましたが、全員合格でした♪ しかも、英検Jrブロンズを受けたSちゃん、5級を受けたS君は、なんと!満点での合格でした! 英検合格は、着実に普段のレッスンが身についている証しでもありますし、子どもたちにとって大きな自信につながるものと思います。 みんなおめでとう!

中3生は3月の入試に向けて、どの子もみな受験勉強ラストスパート。 最後の追い込みに睡眠不足気味という子もたくさんいると思います。 さてそんな中、一足先に「桜咲く」知らせが届きました♪ 小学生から通ってくれているYちゃん。 高専国際ビジネス学科の推薦試験に見事、合格! やったね!おめでとう!! 「英語をもっと頑張って、将来は英語を活かせる仕事がしたい」とのこと。 彼女の夢・目標達成に向けて、これから