嬉しいサプライズ

毎週金曜の夜は高2のNちゃんとのオンラインレッスンがあるのですが、一昨日レッスンの終わり際、突然「Ms. Chi, tomorrow is your birthday.」とNちゃん。


そうなんです。

9月26日は私の誕生日。


「How do you know that?」

びっくりしてなぜ知っているのか聞いたところ、


「Because I saw it on LINE.」


なるほど。


SNSツールの使用には未だ斜に構えている私ですが、こんな風に使われるなら大歓迎♪


しかも今日(日曜)、何と!Nちゃんが教室にロールケーキを持ってきてくれたんです!

ケーキには小さな可愛らしいメッセージが添えられていました。


Dear Ms.Chi

Happy Birthday!!

I hope that today is the biginning of another wonderful year☺♡


スペルミスが一つありますが…^^;

嬉しすぎて泣けてきますー。


小学生のときから教室に通ってきてくれているNちゃんも今や高校生で、今月中にはカナダに留学する予定。

夢に向かって頑張る彼女をこれからも応援していきたいと強く思った一日でした。


閲覧数:7回

最新記事

すべて表示

先週末は保護者の皆さんとTELで個別懇談を行いました。 (早く以前のように直接お会いしてお話できるようになれば良いなぁ) 今回も多くの皆さんにいろいろなありがたいお言葉を頂けましたが、今回、特に嬉しかったのは…、 数人の保護者の方から聞かせて頂いた、 「子どもが自ら進んで英語を勉強している」 という近況報告。 中1のあるお母さまによると、 「英語の成績はこれまでずっと良くて、テストの点も他の教科と

児童生徒の不登校や自殺を予防するため、SNSを使った相談事業やスクールカウンセラーの配置などの対策は図られていますが、学校教育制度の抜本的改革に関する議論は少ないのが現状です。 不登校の子どもへの支援の必要性を掲げた『教育機会確保法』も施行されたことですし、学校外教育の可能性についてもっと議論されるべきではないでしょうか。 例えば、ホームスクーリング。 『ホームスクール』とは、文字通り、主に家庭で

夏休みも終わり、2学期がスタートしました。 多くの子が学校で友達との再会を喜ぶ一方、始業を嬉しく思えない子どもたちもいます。 実際、学校に通学できなくなったり、自ら命を絶ってしまったりする児童生徒の数が一気に増えるのはこの時期で、日本では自殺対策基本法によって、毎年9月10日~16日は「自殺予防週間」と定められています。 因みに、厚労省・警察庁の調査結果によれば、昨年自殺した児童生徒は過去最多の4