嬉しい知らせ 第一号!

高校や大学で次々と合格発表が行われていますね。


さて、教室に嬉しい知らせ第一号を持ってきてくれたのは、昨年、マンツーマンでライティングレッスン+プレゼントレーニングに励んだNちゃん。


見事、第一志望の秋田国際教養大学に合格です!


決して優しくはない指導(^^;)にもしっかりついてきてくれたNちゃん。 本当に頑張った甲斐がありました。


以下、原文:

Hello, Ms.Chi.

It's been a while. How have you been doing?

I’m sorry for being late to tell you about this.


The other day, Akita International University announced the entrance exam result, and fortunately, I PASSED IT!!!

I am going to enjoy my college life in Akita! Thank you for teaching me many English essay skills.


Please take care of yourself.


ご存知の通り、秋田国際教養大学は難関校として知られていますが、2021年の偏差値は68~71とのこと。


ここは日本では非常にユニークな大学でして、学部は国際教養学部のみ、教員一人に学生14人の徹底した少人数制、授業は全て英語、そして1年間の留学に必須になっています。リベラルアーツを重要視していて、授業は基本的に英語でのディベート(論議)で、テストで満点を取っていてもディベートで発言が少なければ好成績にはしてもらえないそうです。


不況の中、新規採用を見送る企業も多い昨今ですが、この大学は別。学生200人にトヨタや伊藤忠など大手企業から求人が殺到しているとか。


「グローバル人材」を求める企業にとって喉から手が出るほど欲しい人材をたくさん育てる秋田国際教養大学。

一考の価値ありですよ。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

駆け込みはお早めに!

毎年この時期になると、「何とかしてください!」と中3生の保護者の方が駆け込んでこられます。(受験生本人たちは、意外にあっけらかんとした感じというか、「もうどうしようもない」といった感じですが…苦笑) 今年は、「今まで英語の成績は悪くはなかったのに、3年生になって突然、テストの点がガクンと下がってしまった」というお子さんが多いように思います。 いつかのブログにも書きましたが、今年の中3生は本当にアン

英検:二次試験も全員一発合格!

英検準2級の二次試験の合否結果が出ました。 トレーニングに励んでいた3人の女の子たち、全員無事合格でした! ものすごぉ~くシャイなYちゃん(高1)。 トレーニングでさえとても緊張していて少し心配でしたが、スコアカードを見せてもらうとAttitude(態度)が何と満点! これは「積極的にコミュニケーションをとろうとしていたり、自然に英会話のやり取りができている」と評価された証しです。 中3生の二人も

4月から小学校で英語が正式な教科になります

先月は教育改革による中学英語の難化について書きましたが、今回は小学英語について簡単にご説明します。 今回の学習指導要領の改訂によって、今年4月から小学校では3年生から正式に『外国語活動』が始まり、5年生から英語が正式な教科(=通知表の評価項目)になります。習得語彙数も600~700語とされていますし、中学英語の実質的な前倒しと言っていいでしょう。 3~4年生での外国語活動に楽しく参加できていても、