学習環境の選択肢

児童生徒の不登校や自殺を予防するため、SNSを使った相談事業やスクールカウンセラーの配置などの対策は図られていますが、学校教育制度の抜本的改革に関する議論は少ないのが現状です。

不登校の子どもへの支援の必要性を掲げた『教育機会確保法』も施行されたことですし、学校外教育の可能性についてもっと議論されるべきではないでしょうか。

例えば、ホームスクーリング。

『ホームスクール』とは、文字通り、主に家庭で子どもの教育を行う就学形態で、子どもが自然に且つ主体的に学び成長していくのを、保護者や周りの大人がサポートしていく教育スタイルです。現在、日本では不登校を機にホームスクールを始める家庭が多いようですが、ホームスクールは突出した能力を持つ子にも良い教育スタイルです。しかし、経済的・時間的余裕がない家庭には不向きで、男女参画や労働環境改善が進んでいない日本ではホームスクールの普及はかなりハードルが高いといえるでしょう。


「わがままになる」「社会性が身につかない」など批判的な意見や懸念も聞かれますが、それはそれぞれのご家庭次第だと思います。

保護者が干渉しすぎる、いわゆる過保護だと、子どもの自立心や社会性が健全に成長しないことにもつながってしまいます。(これは不登校に関係なく、全ての家庭に当てはまることですよね)

実際、J.REACH Englishにも学校に行けていないお子さんが通ってくれていますが、わがままなんてことは一切‼ありません!


ホームスクーリングの良い点は多くあります。メリットは何といっても主体性が身につくことでしょう。何をいつどう学習するかは基本的に自分次第なので、自分のやりたいことを意欲的に取り組むことで、積極的に自ら学ぼうとする姿勢や自主性が育ちます。


一方、(特に日本の)学校に通う子どもたちには、先生に言われたことをやる、みんながやっているからやるという受け身な態度が目立ちます。(大人の社会でも上からの指示があるまで動けないという人は結構いますよね) 文科省が子どもたちに与えたい「生きる力」。理想ではなく現実的にどうやったら育むことができるのか、もっと活発に議論してもらいたいですね。


学校は強制的に行かされるより、行きたい子が行けばいいと思います。勉強も「させられる」より「したい」という気持ちが大切。日本の小中高生にとって、英語は今後もまだまだ十分武器になる科目です。「もっと英語を勉強したい!」と思ってもらえるよう頑張ります!

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

Back to School

夏休みも終わり、2学期がスタートしました。 多くの子が学校で友達との再会を喜ぶ一方、始業を嬉しく思えない子どもたちもいます。 実際、学校に通学できなくなったり、自ら命を絶ってしまったりする児童生徒の数が一気に増えるのはこの時期で、日本では自殺対策基本法によって、毎年9月10日~16日は「自殺予防週間」と定められています。 因みに、厚労省・警察庁の調査結果によれば、昨年自殺した児童生徒は過去最多の4

Happy New Year!

あけましておめでとうございます。 今年はどこへも行かない、そして何もしないお正月でした。 「この機会に断捨離パート2を」と思っていましたが、結局、テレビを観ながら食べては寝てを繰り返して過ごしました。^^; 最近では買い物も、Amazonや楽天、その他の食品サイトでオンラインで注文するので、運動不足にますます拍車がかかっています。 しかも『送料無料』にしようと、「とりあえず予備に」とあれこれ大量に