真っ赤な鼻のトナカイの名前は?

もうすぐクリスマスですね♪

今年も例年通り、11月末から教室には天井すれすれの大きなクリスマスツリーがキラキラ輝いています。


小学生以下のクラスでは、最近、クリスマス関連のフラッシュカードを使った神経衰弱ゲームをレッスン終わりにしています。

クリスマスツリーやサンタクロースはみんな勿論知っているのですが、エルフ(サンタクロースのヘルパー)やキャンディーケイン(杖の形をしたキャンディー)は馴染みが無いようです。 (キャンディーケインは「あ、前にMs.Chiがくれたやつだー!」と、中には思い出してくれる子がいて、嬉しい瞬間も)


毎年このカードゲームをしていて日本と外国の差を特に感じるのは、何と言っても赤い鼻のトナカイのカードを見せるときです。


中には「レインディア!」と、その絵カードが『鹿』だってことを言える子もいるのですが、「Look at his nose! It's red!(見て、彼の鼻!赤色だよ!)」と言っても、ほとんどの子がポカ~ンとしています。(前年に同じゲームをした子どもたちは「あーなんだったっけー」と全員、頭を抱えます)


答えは…、


『Rudolf』(「ルゥードォフ」と発音します)


アメリカの子どもたちはみんな知ってます。


どうして日本の子たちは知らないんだろうと思ったら、日本語の歌『赤鼻のトナカイ』の歌詞にはRudolfの名前が出て来ないんですね。


英語では「Rudolf, the red nose reindeer...♪」と始まるので、当然、北米の子どもたちはみんな知ってるわけですね。^^;


因みに、サンタクロースが引き連れているトナカイは全部で9頭いて、全て名前が付いているんですよ。 トナカイそれぞれちゃんと個性もあります。 また、Rudolfだけがオスで、残りのトナカイは全てメスなんです。


私が一番好きなのは、Cometかな。

(でもネットの『トナカイ心理テスト』によると、私はCupidだそうです。(笑) 当たってるかも)


皆さんはどのトナカイが好きですか。

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

1月~2月に行われた2021年度第3回英検。 今回は英検ジュニアに6人の小学生、英検5級に1人の小学生、2級に1人の高校生が挑戦してくれましたが、全員合格でした♪ しかも、英検Jrブロンズを受けたSちゃん、5級を受けたS君は、なんと!満点での合格でした! 英検合格は、着実に普段のレッスンが身についている証しでもありますし、子どもたちにとって大きな自信につながるものと思います。 みんなおめでとう!

中3生は3月の入試に向けて、どの子もみな受験勉強ラストスパート。 最後の追い込みに睡眠不足気味という子もたくさんいると思います。 さてそんな中、一足先に「桜咲く」知らせが届きました♪ 小学生から通ってくれているYちゃん。 高専国際ビジネス学科の推薦試験に見事、合格! やったね!おめでとう!! 「英語をもっと頑張って、将来は英語を活かせる仕事がしたい」とのこと。 彼女の夢・目標達成に向けて、これから

昨年初めて参加してみた、教育開発出版(㈱)主催の英語朗読コンテスト。 園児から中学生までを対象とした30年以上の歴史あるコンテストです。 「出場してみませんか?」の声にMちゃんとS君が手を挙げてくれて、実は昨年秋の後期コンテストに応募していたのですが、先日ようやく審査結果が届きました。 結果は…、 なんと!二人とも優秀賞の受賞です! この英語朗読コンテスト、毎回2000人を超える応募があるそ