真っ赤な鼻のトナカイの名前は?

もうすぐクリスマスですね♪

今年も例年通り、11月末から教室には天井すれすれの大きなクリスマスツリーがキラキラ輝いています。


小学生以下のクラスでは、最近、クリスマス関連のフラッシュカードを使った神経衰弱ゲームをレッスン終わりにしています。

クリスマスツリーやサンタクロースはみんな勿論知っているのですが、エルフ(サンタクロースのヘルパー)やキャンディーケイン(杖の形をしたキャンディー)は馴染みが無いようです。 (キャンディーケインは「あ、前にMs.Chiがくれたやつだー!」と、中には思い出してくれる子がいて、嬉しい瞬間も)


毎年このカードゲームをしていて日本と外国の差を特に感じるのは、何と言っても赤い鼻のトナカイのカードを見せるときです。


中には「レインディア!」と、その絵カードが『鹿』だってことを言える子もいるのですが、「Look at his nose! It's red!(見て、彼の鼻!赤色だよ!)」と言っても、ほとんどの子がポカ~ンとしています。(前年に同じゲームをした子どもたちは「あーなんだったっけー」と全員、頭を抱えます)


答えは…、


『Rudolf』(「ルゥードォフ」と発音します)


アメリカの子どもたちはみんな知ってます。


どうして日本の子たちは知らないんだろうと思ったら、日本語の歌『赤鼻のトナカイ』の歌詞にはRudolfの名前が出て来ないんですね。


英語では「Rudolf, the red nose reindeer...♪」と始まるので、当然、北米の子どもたちはみんな知ってるわけですね。^^;


因みに、サンタクロースが引き連れているトナカイは全部で9頭いて、全て名前が付いているんですよ。 トナカイそれぞれちゃんと個性もあります。 また、Rudolfだけがオスで、残りのトナカイは全てメスなんです。


私が一番好きなのは、Cometかな。

(でもネットの『トナカイ心理テスト』によると、私はCupidだそうです。(笑) 当たってるかも)


皆さんはどのトナカイが好きですか。

最新記事

すべて表示

長文問題 - スピードUP!

高校入試(英語)では、長文読解問題が最重要ポイントといっても過言ではないでしょう。 でも、多くの子が長文問題を苦手としていますね。 さて昨日は中3生とのマンツーマンレッスンがあったのですが、彼女も長文問題を苦手とする一人。 県立入試まで秒読み段階に入りましたし、課題とする長文読解トレーニングをちょっと荒療治的にやりました。 2カ月前は25分かけていた問題も現在は15分まで短縮して完了できるようには

中2の学習内容は今日で完了!

毎週木曜の夜は中学2年生の教科書(開隆堂)準拠クラス。 4月は休塾のため全くレッスンできなかったせいで、当初の予定がかなり遅れてしまいましたが、今日で教科書の学習範囲(プログラム1~12)が全て終わりました。 レッスン終わりには大抵、ゲームをするのですが、今日はみんなでスティービーワンダーの『I just called you to say I love you』を聞くことにしました。 というのも

Merry Christmas!

毎年12月には教室で「お菓子の家作り」をするのですが、今年はコロナの問題もあり、いろいろ考えた結果、やっぱりキャンセルすることにしました。 お菓子の家を作る際にはフロスティングを使うのですが、どうしても指についてしまいます。指についた甘~い香りのフロスティングを「Don't lick it! (舐めてはいけません)」とは子どもたちに言っても、結局こっそり舐めてしまう子がいるでしょう。 万が一、その

© 2023 by J.REACH English.

  • Facebook
  • Twitter