長文問題 - スピードUP!

高校入試(英語)では、長文読解問題が最重要ポイントといっても過言ではないでしょう。

でも、多くの子が長文問題を苦手としていますね。


さて昨日は中3生とのマンツーマンレッスンがあったのですが、彼女も長文問題を苦手とする一人。


県立入試まで秒読み段階に入りましたし、課題とする長文読解トレーニングをちょっと荒療治的にやりました。


2カ月前は25分かけていた問題も現在は15分まで短縮して完了できるようにはなってきてはいるのですが、まだまだスピードUPする必要がありまして…、「今日は6分でやります!」と。


目をまん丸にして驚く彼女を横目に、「大丈夫!できる!まずは一緒にやってみよう!」と、問題を解いていくコツを確認しながら強引に進めた結果…、8分30秒で完了。

目標時間には届きませんでしたが、先週の半分にまで縮めることに成功です!


しかも6問中5問正解です!


「You completed it in much less time, down to half the time, and you had just one mistake! See? That's why I told you, you could do it! (時間を半分にまで大幅に短縮して問題が解けた上に、1問しか間違っていないでしょう!だから言ったのよ、あなたならできるって!)」


彼女、にっこりしてくれていたけれど、ものすごく緊張して疲れたはず。


昨日はあの後、大丈夫だったかなぁ。試験前にあまり緊張させてしまって、本番前に体調を崩してしまったら元も子もありません。

心配のあまり先ほど保護者の方にお聞きしてみたら、今朝もいつも通り元気にしておられたとのことでまずは一安心。


残り1か月、スパルタは続きます!^^

最新記事

すべて表示

中2の学習内容は今日で完了!

毎週木曜の夜は中学2年生の教科書(開隆堂)準拠クラス。 4月は休塾のため全くレッスンできなかったせいで、当初の予定がかなり遅れてしまいましたが、今日で教科書の学習範囲(プログラム1~12)が全て終わりました。 レッスン終わりには大抵、ゲームをするのですが、今日はみんなでスティービーワンダーの『I just called you to say I love you』を聞くことにしました。 というのも

Merry Christmas!

毎年12月には教室で「お菓子の家作り」をするのですが、今年はコロナの問題もあり、いろいろ考えた結果、やっぱりキャンセルすることにしました。 お菓子の家を作る際にはフロスティングを使うのですが、どうしても指についてしまいます。指についた甘~い香りのフロスティングを「Don't lick it! (舐めてはいけません)」とは子どもたちに言っても、結局こっそり舐めてしまう子がいるでしょう。 万が一、その

英検合格おめでとう!

2020年度第2回英語検定。 当教室からは中2の女の子一人だけが3級を受験したのですが、見事、一次二次ともに合格! 今日スコアレポートを見せてくれたのですが、彼女のスコアは全国平均を大きく上回っていただけでなく、準2級の合格レベル基準も大きく上回っていました!(トレーニング、頑張った甲斐がありました) これで、来年春の準2級受験にも安心してGOサインを出せそうです、 さて現在は、来年2月に行われる

© 2023 by J.REACH English.

  • Facebook
  • Twitter