2020年度 児童アンケート

毎年恒例の受講者アンケート。*(まだ字が上手く書けないi小学生1年生以下は、アンケート対象外)


今年の回答結果は、英語が「すごく上達した」と答えた生徒が全体の40%、「上達した」が50%、『少し上達した」が10%でした。(全員が「すごく上達した」と言ってくれるように頑張らなくっちゃ!)


保護者の方々同様、子どもたちからも嬉しいコメントをたくさんもらいました。

励みになります!


一部回答をご紹介しますね。


英語が上達したと感じる人について聞きます。どんなことにいつも気をつけていますか。

  • しゅくだいはぜったいやります。(小2)

  • 「読む」ことの発音に気をつけている。(小4)

  • 先生のいったことを頭の中で何回もくりかえす。(小4)

  • super Easy readingでms chiの言ったことをマネして言ったり、New wordsは画ぞうと当てはめて書いたりします。(小5)

  • 話すときに、ここは忘れそうだなと思う所は家で何回も発音したりしています。(小5)

  • CDを聞くようにしている。なるべくホワイトボードに書いてあることをノートにメモすること。(小6)

  • 町でみつけた英語をよんでみたりする。(小6)

  • 先生の話しをきちんときく。自分から「~こうじゃないか?」という。(小6)

  • まちがえないよう、家でふく習するようにしている。(小6)

  • 上手く発音できるように気を付けている。 (中1)

  • 英語の意味とかをちゃんと理解する。復習をする。問題をたくさん解く。(中2)

  • 英語を書くときに、日本語のどの部分に当たるかを気をつけてみています。英語を読むときに、「日にち」や「誰と」という部分に波線や囲んでみています。(中2)

  • 間違った場所は復習する。(中2)

レッスンで楽しいことや好きなことは何ですか。

  • モンキーゲーム。えいごがいうのがすきです。しゅくだいがたのしいです。(小2)

  • みんなでこたえたりすること。みんなでたのしくすること。みんなでたのしくべんきょうおうけること。(小2)

  • ゲーム(かるた)。Readingの教科書。ポイントをためること。(小4)

  • テストが好き。○○ちゃんやミスチーと勉強するのが楽しい。ゲームが好き。(小4)

  • 歌をうたうことが楽しいです。宿題も楽しいです。ゲームが好きです。(小5)

  • 英語を音読すること。ホワイトボードの問題にこたえること。最後のゲーム。(小6)

  • 最後にやるゲーム。問題を解くときに正解したとき。テストで満点をとったとき。(小6)

  • 勉強の中にゲームがあること。勉強が分かりやすいこと。上手にできたらうれしくなること。(中1)

  • チケットで交換することができる。初めて習うところは分からなくても、質問したりできること。発音のしかたもわかること。(中2)

  • 分からなかったことが分かること。読めない英語が読めること。達成感があるから。(中2)

教室(J.REACH English)や先生(Ms.Chi)の良いところを教えてください。

  • ちゃんとできたらほめてくれるからうれしい。(小2)

  • いろいろ教えてくれるところ。たのしくべんきょうおできること。(小2)

  • やさしいところ。おしえるところがじょうずです。たのしく教えてくれるところ。(小2)

  • ミスチーがやさしい。いろんな物がある。楽しい。(小4)

  • 全員が発表できる。(小4)

  • ポイントと商品をこうかんできるところ。ホワイトボードに文字を書くときに、色を分けたりしてくれるところ。毎回、ホワイトボードに日付を書くところ。(小4)

  • いつもやさしくおしえてくれる。(Ms.Chi)、コロナたいさくをてっていしている。(小4)

  • おもしろい。やさしい。かわいい。(小4)

  • 手あらい場所をもうけられてあること。たいおんチェック。何回もくりかえしてやるとこ。(小4)

  • Chi先生は言いまちがえたりしても、何回も発音してくれるから分かりやすいです。教室では2~3人でやるときも1対1の時も楽しいです。この教室にくると元気になります。(小5)

  • 面白い。分からなかったら、すぐ来てくれる。(小5)

  • わかりやすく教えてくださること。テストが100点のときに「good!」と言ってくださること。わからない所をおしえてくださるところ。(小6)

  • 落ち着いた教室で、勉強がしやすいところ。先生が分かりやすく教えてくれるところ。難しくではなくて、楽しく教えてくれるところ。 (中1)

  • わかりやすく教えてくれること。前回やったことを始めに復習すること。かべにヒントになることがかいてあり、いつでもおぼえられるから。(小6)

  • 分かりやすい。分からないとヒントをくれる。問題を解くのがおそくてもちゃんとつきそってくれる。(小6)

  • 冷だんぼうがある。きいたことをおしえてくれる。コロナ対さくをしている。(小6)

  • 分かるまで教えてくれる。自分で考えさせてくれる。テストで注意するところとかを教えてくれる。(中2)

  • 手を洗うように義務づけているところ。ホワイトボードを使って説明しているところ。質問はないかと聞いてくれるところ。 (中2)

  • 何かいでも熱心に教えてくれるところ。ポイントなどを細かく分かりやすく教えてくれるところ。テストに出ることなどをアドバイスしてくれること。(中2)

  • 話しやすい。優しい。面白い。(中3)

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

嬉しい知らせ 第一号!

高校や大学で次々と合格発表が行われていますね。 さて、教室に嬉しい知らせ第一号を持ってきてくれたのは、昨年、マンツーマンでライティングレッスン+プレゼントレーニングに励んだNちゃん。 見事、第一志望の秋田国際教養大学に合格です! 決して優しくはない指導(^^;)にもしっかりついてきてくれたNちゃん。 本当に頑張った甲斐がありました。 以下、原文: Hello, Ms.Chi. It's been

4月から小学校で英語が正式な教科になります

先月は教育改革による中学英語の難化について書きましたが、今回は小学英語について簡単にご説明します。 今回の学習指導要領の改訂によって、今年4月から小学校では3年生から正式に『外国語活動』が始まり、5年生から英語が正式な教科(=通知表の評価項目)になります。習得語彙数も600~700語とされていますし、中学英語の実質的な前倒しと言っていいでしょう。 3~4年生での外国語活動に楽しく参加できていても、

中学英語がさらに難しくなります

ご存じの方も多いかと思いますが、新学習指導要領に基づき、小5から始まっていた英語は小3からに前倒しされ、今年4月には中学校でも英語の教科書が改訂されます。 新しい中学英語の教科書は、単語数が1200語から1800語へと1.5倍に増えているだけでなく、高校英語の内容が前倒しされているので難易度もぐっと上がります。また指導目標が「4技能の強化+表現時間の増加」とされていますが、授業時間数が増えるわけで

© 2023 by J.REACH English.

  • Facebook
  • Twitter