5/14 中学生クラス 通常レッスン再開します!

様々な状況を考慮した結果、5月14日(木)から中学生の通常クラス及びマンツーマンレッスンを再開することにしました。


幸い、当教室に通う受講者、また各々の家族の方々にも感染及び感染の疑いがある事例は一件も報告されていません。また、講師である私と私の家族や親類もこれまで全く体調に異変はありません。

メディアでは9月入学に関する議論が報道されていますが、クリアしなければいけない課題はあまりにも多いでしょうし、これまでの国会審議のスピードをみても、今年9月の開始が現実的とは到底思えません…。

何よりかわいそうなのは、当事者である子どもたちです。

中学三年間での学習範囲は、文科省の学習指導要領が変わらない限り変わりません。

授業が無くなった分だけ、○○と○○のパートは学習しなくてもいいとはならないのです。

…ということは、高校受験にあたっては、授業日数が減った分だけ『詰め込み学習』が増えるということになります。

休業要請の根拠となる特措法第45条では「1000㎡以上の施設」が対象であり、当教室はそれに該当しません。

テーブルの配置のレイアウト次第では、2メートル弱ほどは距離を取れます。

勿論、レッスン再開に際しては、徹底的な感染予防対策に配慮したいと思います。


教室のテーブルのレイアウト変更に加え、高機能空気清浄機を設置します。また、ドアノブには抗菌テープを施し、テーブルやイスなどは次亜塩素酸水でレッスンごとに消毒します。


レッスン前には、生徒一人ひとり必ず手洗いをしてもらうのは勿論のこと、接触型体温計で体温測定させて頂きます。


レッスン中は、空気清浄機の使用以外に、1時間に一度窓を開け換気に努めます。


また、受講者にはマスク着用の厳守と家族の体調の報告をお願いし、講師はサージカルマスクの上にプラスチックフェイスガードと使い捨て手袋を着用します。


それにしても、こんなにしてまで勉強をしないといけない今の子どもたちが本当に不憫でなりません。一日も早く事態が収束しますように。


4回の閲覧

最新記事

すべて表示

嬉しい知らせ 第一号!

高校や大学で次々と合格発表が行われていますね。 さて、教室に嬉しい知らせ第一号を持ってきてくれたのは、昨年、マンツーマンでライティングレッスン+プレゼントレーニングに励んだNちゃん。 見事、第一志望の秋田国際教養大学に合格です! 決して優しくはない指導(^^;)にもしっかりついてきてくれたNちゃん。 本当に頑張った甲斐がありました。 以下、原文: Hello, Ms.Chi. It's been

4月から小学校で英語が正式な教科になります

先月は教育改革による中学英語の難化について書きましたが、今回は小学英語について簡単にご説明します。 今回の学習指導要領の改訂によって、今年4月から小学校では3年生から正式に『外国語活動』が始まり、5年生から英語が正式な教科(=通知表の評価項目)になります。習得語彙数も600~700語とされていますし、中学英語の実質的な前倒しと言っていいでしょう。 3~4年生での外国語活動に楽しく参加できていても、

長文問題 - スピードUP!

高校入試(英語)では、長文読解問題が最重要ポイントといっても過言ではないでしょう。 でも、多くの子が長文問題を苦手としていますね。 さて昨日は中3生とのマンツーマンレッスンがあったのですが、彼女も長文問題を苦手とする一人。 県立入試まで秒読み段階に入りましたし、課題とする長文読解トレーニングをちょっと荒療治的にやりました。 2カ月前は25分かけていた問題も現在は15分まで短縮して完了できるようには

© 2023 by J.REACH English.

  • Facebook
  • Twitter