Back to School

夏休みも終わり、2学期がスタートしました。 多くの子が学校で友達との再会を喜ぶ一方、始業を嬉しく思えない子どもたちもいます。 実際、学校に通学できなくなったり、自ら命を絶ってしまったりする児童生徒の数が一気に増えるのはこの時期で、日本では自殺対策基本法によって、毎年9月10日~16日は「自殺予防週間」と定められています。

因みに、厚労省・警察庁の調査結果によれば、昨年自殺した児童生徒は過去最多の479人に上り、夏休み明けの8月は前年同月の2倍超で、特に高校生の自殺が多かったそうです。

文科省が公表した資料によると、児童生徒の自殺の原因と動機として圧倒的多数なのは進路の悩みと学業不振、次いで人間関係(学友との不和)となっています。 が、亡くなった本人たちに直接理由を聞いた訳ではないですし、このデータの確かさは不透明だと言わざるを得ません。 いずれにせよ、学校が子どもたちを追い込む場となってしまうのは、何としても防がなくてはいけませんね。

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

先週末は保護者の皆さんとTELで個別懇談を行いました。 (早く以前のように直接お会いしてお話できるようになれば良いなぁ) 今回も多くの皆さんにいろいろなありがたいお言葉を頂けましたが、今回、特に嬉しかったのは…、 数人の保護者の方から聞かせて頂いた、 「子どもが自ら進んで英語を勉強している」 という近況報告。 中1のあるお母さまによると、 「英語の成績はこれまでずっと良くて、テストの点も他の教科と

児童生徒の不登校や自殺を予防するため、SNSを使った相談事業やスクールカウンセラーの配置などの対策は図られていますが、学校教育制度の抜本的改革に関する議論は少ないのが現状です。 不登校の子どもへの支援の必要性を掲げた『教育機会確保法』も施行されたことですし、学校外教育の可能性についてもっと議論されるべきではないでしょうか。 例えば、ホームスクーリング。 『ホームスクール』とは、文字通り、主に家庭で

あけましておめでとうございます。 今年はどこへも行かない、そして何もしないお正月でした。 「この機会に断捨離パート2を」と思っていましたが、結局、テレビを観ながら食べては寝てを繰り返して過ごしました。^^; 最近では買い物も、Amazonや楽天、その他の食品サイトでオンラインで注文するので、運動不足にますます拍車がかかっています。 しかも『送料無料』にしようと、「とりあえず予備に」とあれこれ大量に