Enjoy Learning English with rhyming words!



昨日のレッスンでは、教科書にrhymeが出てきたので、みんなに単語の意味を聞いてみると、一人の子から「韻を踏む」という答えが。(ちゃんと予習していますね!)

そう、その通り。(因みに、アメリカでは幼稚園~小学校低学年で必ずrhyming wordsを学習します)

「Then please give me some words that rhyme.(じゃ、韻を踏む単語をいくつか言ってみて)」というと、たちまち水を打ったような静けさに。


これが、日本の学生の特徴の一つ。

○×形式の質問には答えられても、「理由を説明しなさい」とか「具体例を挙げなさい」とか言われると、たちまち答えられない。

なんかいま一歩進んだ『学び』がないんですよね…。

いつまでも受け身というか…。

与えられたことはやるけれど、さらに理解を深めようとする姿勢や学習意欲がない。


「じゃあ、実際にrhymeを感じてみよう!」ということで、レッスン終わりにみんなで(私の大好きな)ONE OK ROCKの一曲を聴きました。

どの曲でも良かったのですが、とりあえず簡単な単語が多い『Worst in Me』をチョイス。


まず聴く前に歌詞プリントを配布して、rhymeしている箇所を探してマーク。

そして、rhymeしている単語を確認し、曲を聞く。


大好きなONE OK ROCKの曲にノリノリな私とは違い、歌詞プリントを真剣に見つめながら静かに聞く中3生たち。


歌の中の「You are the worst in me.」という歌詞にある”the worst”は、中2で既に学習済みですし、ちゃんと覚えていれば意味が何となくでも分かるはずです。

「君は僕にとって最低最悪な女性だよ」って感じだと言うと、みんな「なるほどー」って感じでうなずいてました。(苦笑)


他にも、イディオム(熟語)についてもちらっと話しておきました。

例えば、「let you go for good」のいう歌詞の「good」は「良い」ではなく、置詞のforがつくと「forever」という意味になります。

(英語の成績が良い子は、慌ててメモしてました)


このように、英語の歌には学校では教えてもらえない英語表現がたーっくさんあります。


英語の楽しさ、みんなに伝わったかなぁ。

(個人的にはテストの点数を上げるためのレッスンよりも、こういった面白いレッスンをしたいのですけどね)

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

1月~2月に行われた2021年度第3回英検。 今回は英検ジュニアに6人の小学生、英検5級に1人の小学生、2級に1人の高校生が挑戦してくれましたが、全員合格でした♪ しかも、英検Jrブロンズを受けたSちゃん、5級を受けたS君は、なんと!満点での合格でした! 英検合格は、着実に普段のレッスンが身についている証しでもありますし、子どもたちにとって大きな自信につながるものと思います。 みんなおめでとう!

中3生は3月の入試に向けて、どの子もみな受験勉強ラストスパート。 最後の追い込みに睡眠不足気味という子もたくさんいると思います。 さてそんな中、一足先に「桜咲く」知らせが届きました♪ 小学生から通ってくれているYちゃん。 高専国際ビジネス学科の推薦試験に見事、合格! やったね!おめでとう!! 「英語をもっと頑張って、将来は英語を活かせる仕事がしたい」とのこと。 彼女の夢・目標達成に向けて、これから

昨年初めて参加してみた、教育開発出版(㈱)主催の英語朗読コンテスト。 園児から中学生までを対象とした30年以上の歴史あるコンテストです。 「出場してみませんか?」の声にMちゃんとS君が手を挙げてくれて、実は昨年秋の後期コンテストに応募していたのですが、先日ようやく審査結果が届きました。 結果は…、 なんと!二人とも優秀賞の受賞です! この英語朗読コンテスト、毎回2000人を超える応募があるそ