Enjoy Learning English with rhyming words!



昨日のレッスンでは、教科書にrhymeが出てきたので、みんなに単語の意味を聞いてみると、一人の子から「韻を踏む」という答えが。(ちゃんと予習していますね!)

そう、その通り。(因みに、アメリカでは幼稚園~小学校低学年で必ずrhyming wordsを学習します)

「Then please give me some words that rhyme.(じゃ、韻を踏む単語をいくつか言ってみて)」というと、たちまち水を打ったような静けさに。


これが、日本の学生の特徴の一つ。

○×形式の質問には答えられても、「理由を説明しなさい」とか「具体例を挙げなさい」とか言われると、たちまち答えられない。

なんかいま一歩進んだ『学び』がないんですよね…。

いつまでも受け身というか…。

与えられたことはやるけれど、さらに理解を深めようとする姿勢や学習意欲がない。


「じゃあ、実際にrhymeを感じてみよう!」ということで、レッスン終わりにみんなで(私の大好きな)ONE OK ROCKの一曲を聴きました。

どの曲でも良かったのですが、とりあえず簡単な単語が多い『Worst in Me』をチョイス。


まず聴く前に歌詞プリントを配布して、rhymeしている箇所を探してマーク。

そして、rhymeしている単語を確認し、曲を聞く。


大好きなONE OK ROCKの曲にノリノリな私とは違い、歌詞プリントを真剣に見つめながら静かに聞く中3生たち。


歌の中の「You are the worst in me.」という歌詞にある”the worst”は、中2で既に学習済みですし、ちゃんと覚えていれば意味が何となくでも分かるはずです。

「君は僕にとって最低最悪な女性だよ」って感じだと言うと、みんな「なるほどー」って感じでうなずいてました。(苦笑)


他にも、イディオム(熟語)についてもちらっと話しておきました。

例えば、「let you go for good」のいう歌詞の「good」は「良い」ではなく、置詞のforがつくと「forever」という意味になります。

(英語の成績が良い子は、慌ててメモしてました)


このように、英語の歌には学校では教えてもらえない英語表現がたーっくさんあります。


英語の楽しさ、みんなに伝わったかなぁ。

(個人的にはテストの点数を上げるためのレッスンよりも、こういった面白いレッスンをしたいのですけどね)

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

中間考査の結果 (中1)

中学校では中間考査の答案用紙が返されているようで、昨夜、1年生たちが答案用紙をそれぞれ(内ひとりは「まだ返されていない」とのことでしたが)見せてくれました。 今回は残念ながら満点の子はいませんでしたが、全員90点台という好成績でした。^^ 最後の英作文のパートは、どの子もそつなく書けていましたが、際立って良かったのはS君の作文。 大好きなサッカーのことについてのものでしたが、文の流れが非常にスムー

入試対策トレーニング

先日、今年2回目の入試対策トレーニングを行いました。 高校入試の過去問を実際にするのですが、最初はどの子もみんな、試験のボリュームにまずびっくりです。 入試対策として、まずはとにかく「慣れる」ことが大切。 筆記の制限時間は、たった40分。 ドキドキして気ばかり焦っていては、大事なポイントに気が付かず、あっという間に40分が過ぎてしまいます。 いかに効率的に時間を使うか、自分なりの時間の使い方を決め

気になる期末テストの結果:参考書は必要か⁉

中学校では期末テストが返されたようで、何人か答案用紙を持ってきて見せてくれました。 物静かなYちゃん(中3)からは「とりあえず今回も100点だった」との報告。 Mちゃん(中1)は、照れくさそうに100点満点の答案用紙を見せてくれました。 思えば、先週のレッスンでは、教室オリジナルの復習プリントで間違いが多く、最後まで一人残って間違い直しをしていたMちゃん。 でも最後まで頑張った成果がちゃーんと結果